高血圧を治療するジェネリック医薬品のクレサー

たくさんの薬

クレサーは、高血圧の治療薬として知られるミカルディス錠のジェネリック医薬品です。
ミカルディス錠と同様にテルミサルタンを主成分としており、その他にもヒドロクロロチアジドという成分が含まれています。
テルミサルタンにもヒドロクロロチアジドにも血圧を下げる作用がありますが、これらの成分を併用することによって降圧効果を高めることができます。

クレサーは、血管収縮作用を抑制して血圧を下げる薬になります。
心臓や腎臓にかかる負担を少なくすることもできるので、心臓病や腎臓病の治療にも効果を発揮します。
また、クレサーは長期間服用を続けても大丈夫なので、長期維持療法に適した薬です。

クレサーの服用方法は経口服用になります。
持続性があるので、1日1回の服用で済むというメリットがあります。
降圧薬の中には1日に何度も服用しなければならないものもありますが、それだとどうしても飲むのを忘れてしまいがちになります。
クレサーは服用回数が少ないので、飲み忘れのリスクを減らすことができます。
服用量は年齢や症状によって異なるので、医師の指示に従って服用することが重要です。

クレサーを服用した後は、激しい運動をしたりお酒を飲んだりすることは控えた方が良いとされています。
クレサーはミカルディス錠のジェネリック医薬品なので、効果があることが確認されていますし、安全性も保障されています。
ただし、薬を服用した後に血圧が下がり過ぎ、めまいやふらつき、立ちくらみといった症状が出ることがあります。

そのため初めて服用する際は少量を用い、効果を確認しながら増量していくのが一般的です。
服用を継続していくうちに、めまいやふらつきといった症状は徐々に無くなっていきます。
クレサーには飲み合わせに注意が必要な薬が複数あり、特に他の降圧薬や利尿薬と併用する際には注意が必要です。
車やバイクなどを運転しなければいけない時や高い所で作業をする時などは十分に気を付ける必要があります。

有効成分テルミサルタンとヒドロクロロチアジドが効く

クレサーに含まれている有効成分のテルミサルタンは、アンジオテンシンII受容体拮抗薬という薬に分類されます。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬は、比較的新しいタイプの降圧薬です。
心不全などの心臓病や腎硬化症・糖尿病性腎症といった腎臓病の治療にも効果があるとされています。

テルミサルタンには、血圧を上げる作用を持つアンジオテンシンIIという体内物質の働きを抑制する働きがあります。
アンジオテンシンIIの働きを抑制することで、体の血管を広げることができます。
そして、血液中の水分や電解質がコントロールされて血圧が下がるという仕組みになっています。
そのため高血圧を改善する効果が期待できるのです。

テルミサルタンと同じようにクレサーに含まれているヒドロクロロチアジドは、チアジド系の利尿薬に分類されます。
ヒドロクロロチアジドには利尿作用があり、腎臓の尿細管という部分でナトリウム(塩分)と水分が再吸収されるのを防ぎます。
つまり、尿の量が増えることになります。
尿量を増やすことで血液中の余分な水分と塩分を体外に排出することができ、それによって血圧を下げる効果があります。

また、血液中の水分量が減るので、むくみを解消する効果もあります。
血圧が下がることで心臓にかかる負担を減らす効果も期待できます。
ヒドロクロロチアジドは併用薬としてもすぐれており、昔からある有効成分なので価格が安いというメリットもあります。

クレサーはジェネリック医薬品なので、先発薬に比べると割安で購入することができます。
高血圧の治療は長期にわたることも多いので、薬の費用はばかになりません。
ジェネリック医薬品にすることで、同じ効果を得ながら費用を抑えることができます。