血圧を抑えて心臓への負担を減らすミカルディスプラス

病院

医師から高血圧症と断定されると、その日から早速高血圧の治療が始まります。
医師が処方する降圧剤を服用することを勧められ、本人の症状に合わせた降圧剤が各自処方されます。

降圧剤にも色々タイプ別に分かれていますが、アンジオテンシンの阻害薬であるミカルディスプラスもこの一つになります。
この降圧剤ミカルディスプラスは、体内で血管を収縮させる作用がある物質の、アンジオテンシンをブロックすることで、血圧が下がる効果があります。

降圧剤の種類は沢山ありますが、中でもテルミサルタンの入っているこのミカルディスプラスの特徴は、血圧を下げる以外にも臓器の保護作用になります。
血圧が高い状態が続くということは、それなりに係わる臓器に負担がかかっているということです。

特に血液から尿を作る役を担っている腎臓には、大きな負担となっています。
このような状態の臓器を保護するのに、一役買っているのがミカルディスプラスです。
また腎機能障害の改善にも期待され、役立っている効果の高い降圧剤となります。

降圧剤の中には、瞬時に高くなった血圧を下げてくれるものもありますが、長い時間作用してくれるのに体に負担の少ないものといえば、このミカルディスプラスのもう一つの特徴となります。
ミカルディスプラスの主成分であるテルミサルタンなどは、体内の胆汁から排泄されていきます。

一回の服用で丸一日効果が持続する上に、高血圧症以外の糖尿病まで改善するメリットを持ち合わせた降圧剤は数少なく、とても良い薬となり多くの人に使われています。

これ程良い降圧剤であっても、副作用が全くない訳でもなく、他の薬と同様にある程度は副作用があります。
一般的に薬の主成分が強いほど、副作用の数が増えるというのは知られたことです。
ミカルディスプラスの副作用は、主に低血圧になることが挙げられます。
その他にもめまいや頭痛などといったものがありますが、これらは特別に重症な副作用ではありません。

腎臓に作用し利尿作用を促進、血液量が調整され降圧へ

ミカルディスプラスはテルミサルタンが主成分ということで、人の体内に入ると血圧を上げる物質アンジオテンシンを止める働きをしますが、その成分が腎臓に働きかけて、利尿を促進するということになります。
血液が増えた状態が利尿の効果で排出されれば、当然体内の血液が良い状態に調節されることになり、結果的に高くなっている血圧も下がるということになります。

血圧が高いということは、一言でいえば体の中の血管内にナトリウムが増え過ぎている状態なので、利尿効果があるということは、溜まって増え過ぎたナトリウムを、早く体内から排出するということです。
食品からも、ナトリウムを排出する効果のあるものは多々ありますが、食べ過ぎてカロリーオーバーになれば体重が増えるので、かえって高血圧を招いてしまう恐れもあります。
適度にヒドロクロロチアジドなどの利尿薬を使用することで、治療がスムーズになり結果が期待されます。

利尿薬のひとつであるヒドロクロロチアジドは、一般的に結石予防や浮腫、或いは腎臓の病気の一種の治療に用いられている薬です。
単剤の後発品として、ニュートライドからヒドロクロロチアジドに変更され発売されているものです。

成分が体に負担なく適度に効果が続くので、血管に増えている水分を減らすことになり、それが心臓に負担をかけることなく改善されていきます。
一様に言えることは、効果が特に強い薬というのは体への負担、特に心臓への負担でもあり、長きにわたって治療が必要な場合は、体内の臓器にも優しい薬が良いものです。

さまざまな降圧剤がある中で、ミカルディスプラスのように沢山のメリットを兼ね備えた薬を服用する方が、長期的には良い選択となります。