ファイザー製の高血圧治療薬ノルバスク

考える男性

ファイザー製のノルバスクという薬は高血圧の治療薬として使われており、アムロジピンを主成分としています。
アムロジピンはカルシウム拮抗薬と呼ばれる種類の薬で、血管の細胞内にカルシウムが入らないように作用することで、血管を拡張させる働きを持ちます。
血管の細胞内にカルシウムが入ると、血管が収縮して血管を細くしますが、それを阻害することで血管の収縮を防ぎ拡張させる作用がでます。

ファイザーという製薬会社はたくさんある製薬会社の中でも大きな会社でたくさんの有名な薬を作っていることで知られています。
その中でもノルバスクという高血圧治療薬は世界中で使用者が大勢いる薬で、たくさんの人が長い期間にわたってノルバスクを飲みながら生活を続けています。

年齢を重ねることで血管が自然と硬くなるために加齢により高血圧になりやすくなります。
高血圧は誰もがなるものだからといって放置していると、様々な合併症が起こる可能性があるために、血圧を正常な値に戻すことは健康な生活を送るために重要なことです。
高血圧が原因で亡くなる人の数は思っている以上に多いということを覚えておきましょう。

高血圧は全身の血管に影響を及ぼすので、体中の色々な部位で合併症が起こりやすくなり、他の病気の原因となります。
特に血管は臓器に栄養を送るという重要な働きがあるために、少しでも機能が衰えると、臓器に栄養が行き届かなくなり、その臓器の働きが停止してしまいます。
そうなると、臓器そのものが死んでしまい働きを取り戻すことが難しくなったりして、最悪の場合には命の危険が出てきます。

高血圧は発症していることがわかった後はできる限り早く治療を開始して血管へのダメージを軽減させることが大切です。
血管の負担が大きいと血管がダメージを受けてしまい、回復が難しくなります。
そうなる前にノルバスクを使用すると血管への負担を軽くすることができて、様々な合併症の予防ができます。
血圧を正常な値に保つことは体の血行を維持する上で非常に重要なことです。

狭心症にも有効なカルシウム拮抗薬で副作用も少ない

ノルバスクはカルシウム拮抗薬という種類の薬ですが、高血圧治療薬には他に違った種類の薬があり、作用の仕方も違ってきます。
ノルバスクは血管に直接働きかけますが、他の薬は血管以外へも作用するものがあり、仕組みが複雑になると関係している臓器への影響も考える必要があり、場合によっては他の臓器に悪い影響が出てしまうような種類の薬もあります。
そういった作用のことを副作用といい、薬には効果がある半面、必ず副作用があるという特徴があります。

ノルバスクは他の臓器を介せずに直接血管に働きかけるため、それ以外への影響がほとんどなく、副作用が少ないということで知られています。
また降圧剤の種類の中では、効果が持続するという特徴もあり、一度服用すると長時間効果が続くため、1日に何度も服用する必要がなくなり、飲み忘れもしにくくなります。

またノルバスクは降圧剤としてだけでなく、狭心症の治療の際にも使われている薬です。
カルシウム拮抗薬は血管を広げて血圧を下げますが、同時に心臓の負担を軽減する働きも持っています。
これは、血管が広がることで血液が流れやすくなり、心臓が強い力で押し出さなくても血液が全身に廻るようになるからです。

狭心症は心臓の負担が大きくなってしまった時に発作が起こりやすく、発作を繰り返しているうちに病状が悪化して、心筋梗塞に移行していってしまいます。
そのため狭心症を発症したら、できる限り心臓に負担がかからないような治療を開始する必要がありますが、その際にもノルバスクが使用されることがあります。
ノルバスクは副作用が少ないということと共に降圧剤として多くの人に愛用されており、さらに狭心症治療薬としても使われています。